忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

利回り15%は当たり前!
不動産投資の成功者の体験が無料で読める不動産投資blogランキング
この機会にご利用ください。

【2017/08/20 14:56 】 |
地方の売りアパートを見学 長野編その2

不動産投資用の物件を見学するために長野へ車でやってきた。

不動産屋の車で見学するアパートまで送ってもらう。
車が道路沿いにあるアパートの横に止まった。

売りアパート見た目は、白色基調で手すりが黄色でペイントされている。おしゃれな感じだ。
しかし、駐車場がない。車がないと不便なのに駐車場がないのは厳しい。

この売りアパートは2階建てで8部屋。間取りは1K。
1階の部屋を見せてもらう。
部屋に入って「昼間なのに暗いな」と思った。日当たりが良くないのかもしれない。
部屋の広さは6畳くらいで床はフローリング。そうじをちゃんとしているようで部屋のなかはきれいになっている。
押入れがあるので開けてみると少しカビが生えている。これはよくない。押入れの壁を取り替えないといけない。リフォーム代がかかりそうだ。

窓の外は田んぼがずーっと広がっていて、遠くに山が見える。
1階だが見晴らしは最高だ。

窓から外を見ていたらベランダにやたらとくもの巣があるのに気がついた。これは印象が悪い。不動産屋の担当の方に聞くと、「近くに竹やぶがあると虫が多くて一ヶ月くらいでくもの巣ができる」という。
「この辺では当たり前だ」という感じで担当者は話している。
自然が豊かなところは都心と違う悩みがあるようだ。

そろそろ帰ろうかというときに先輩が「このアパート傾いていないか?」といった。
うららはそう言われてもまったくわからない。
壁をよく見てみるとヒビが入っているところがある。やはり傾いているのだ。
不動産屋の担当者も基礎が「しっかりしていないかも」と言っている。
田んぼがすぐ横なので地盤がゆるいのかもしれない。
アパートが倒れたら、シャレにならない。
土地の地盤がゆるいといことは駐車場などにも再利用できるかどうかわからない。よく考えなければならない。

田んぼの近くの収益物件は考え物だと思った。

PR

利回り15%は当たり前!
不動産投資の成功者の体験が無料で読める不動産投資blogランキング
この機会にご利用ください。

【2006/08/27 10:27 】 | 不動産投資 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<春日部の収益物件を見学 | ホーム | 親に収益マンションを買ったことを話す(その2)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]