忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

利回り15%は当たり前!
不動産投資の成功者の体験が無料で読める不動産投資blogランキング
この機会にご利用ください。

【2017/08/20 14:52 】 |
確定申告を提出しにいく

確定申告がなんとかできたので、提出をすることに。
提出するところが、市役所なのか、税務署なのかよくわからない。

税務署の確定申告の相談できるところへ電話で聞いてみた。

うらら「確定申告を提出したいのですが、どこに行けばいいですか」
担当者「税務署でいいですよ。」
うらら「自分の住んでいるところの税務署でいいんですよね」
担当者「はい、そうです」
うらら「どうもありがとうございました」

税務署の場所をネットで調べた。
場所はうららにもすぐわかるところだったので、安心した。
「これで、大丈夫だ! たぶん…」

提出日当日

朝、9時過ぎに家を出発した。
なんだか緊張する。
歩いて行けない距離ではないので、歩いていくことにした。

税務署のあると思われる場所に近づいてきた。
「この建物が税務署だったら、探す手間がないなー」
なんて考えていたら、税務署だった。ラッキー!

税務署のなかに入ると、テーブルがありそこに職員が3人座っている。
うらら以外に人はいない。
はじめてのことなのでどうしていいかわからず、突っ立ていると
「提出ですか」
とテーブルのところの職員が声をかけてくれた。
「ああ、はい。そうです(たすかった…)」
一生懸命書いた申告書を提出した。
職員「ハンコは持ってきてますか?」
うらら「はい」
職員「じゃあ、こことここに押してください」
うらら「はい」
うららがハンコを押している間に手続きが済んだみたいで、
すぐに申告書の控えを渡された。
職員「これが控えです」
うらら「はい」
職員「納税書は持ってきてますか」
うらら「いいえ」
職員「これが納税です。住所と名前、納税額をここに書いてください」
うらら「はい」
職員「税金は銀行または郵便局で払えます」
うらら「郵便局がいいかな」
職員「この税務署でも払えますよ」
ここで納税ができたら、楽だ。
うらら「はい、ここで払っていきます」
職員「2階にどうぞ」
うらら「はい、ありがとうございます」
先輩に「わからないことはちゃんと聞けよ」いわれていたが、ぜんぶ教えてくれた。親切だ。

2階に行くと、受け付けらしいのか2つある。
案内がでていないので、「困ったな」と思っていると、
「納税ですか」
とまた声をかけてもらった。
「はいー」
と返事をして、納税書を出して税金を払った。
少し待ってから、領収書を受け取った。

これで確定申告の提出、納税が終わった。
思ったよりもすんなりいったので、よかった。
これも先輩のおかげだ。
ありがとうございます。

PR

利回り15%は当たり前!
不動産投資の成功者の体験が無料で読める不動産投資blogランキング
この機会にご利用ください。

【2007/03/10 12:57 】 | 不動産投資 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<確定申告を書く | ホーム | 下が駐車場の2階の部屋の物件を問い合わせ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]